banner_02.gif
このブログが気に入ったらクリックしてみてください↑↑↑

P ROFILE

ギャラリー世都(ぎゃらりー・せつ)

  • ギャラリー世都(ぎゃらりー・せつ)
  • 東京都北区東十条にある小さな画廊です。
    ここでは画廊の最新情報や作家の近況をお伝えしています。のほほんとした画廊です。ごゆっくりどうぞ。

E NTRIES

C ATEGORIES

C OMMENTS

T RACKBACKS

L INKS

A RCHIVES

E TCETRA

  • RSS

名前:
メール:
件名:
本文:


Apple Store SEMPRE.JP

Apple Store(Japan)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
PAGE TOP
画廊のコーヒーが変わる?
 画廊でお出ししているコーヒーは、近所のコーヒー屋さんで挽いてもらった豆を、ハンドドリップで入れています。
 最近、そのコーヒー屋さんが閉店し、お店はマンションになるそうです。画廊だけでなく、オーナーの自宅でも何十年と親しんできた味だけに大変惜しいのですが、次回からは別のコーヒーをお出しすることになります。
 暑い季節には、麦茶など冷たいお茶の方が良いのですが、冬はやはり暖かいコーヒーが一番ですよね。少しずついろいろなコーヒーを試して、お客様の評判のよいものを継続してお出しすることになるのでしょうか。

 コーヒーカップも、画廊がオープンしてから10年以上同じものを使用しています。たまに気分を変えればと思ったりしますが、画廊に合うカップというのはなかなか難しかったりしますね。
 器はさておき、お客様が一口お茶を飲み、落ち着いて鑑賞できる画廊というのはなかなか良いものではないでしょうか。
スポンサーサイト
【2007/06/28 15:51】 スタッフ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
PAGE TOP
福田紀代司展、搬入完了
 6月4日より開催の「福田紀代司展」の搬入が完了しました。大作を含む25点です。前回のテーマは富士山でしたが、今回は人物画も見られます。鮮やかな色彩は健在で、今から初日が楽しみです。
 福田先生の聖書を題材とした作品は、ずっと前にスタッフSがアトリエにお邪魔したときに拝見して以来、いつか画廊で見たいと思っていたものでしたので、今回展示できる感激はひとしおです。美しい色彩とシャープな線で描かれた聖書の世界はとても新鮮で、宗教画の常識が吹き飛びました。
 完成までに長い時間がかかった作品もあるとのことです。ぜひ、皆様にご覧になっていただきたいと願っております。

  福田紀代司展
 6月4日~16日(日曜休廊)
 ●作家在廊日:月、水、金、土

福田紀代司展

【2007/05/29 20:24】 スタッフ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
PAGE TOP
オーナー、携帯電話を持つ
 セツオーナーは機械が嫌いで、画廊のお客様はご存知かと思われますが、案内状の宛名は手書き、名簿もノートに手書きです。携帯電話も持ちたくないとずっと言っていましたが、画廊の固定電話の故障を機に、ついに携帯電話を持つ気になったようです。
 最近の携帯端末は機能満載な上価格も高いので、家族のお下がりのモデルを権利譲渡して使用することになりました。
 画家の先生やお客様の連絡先もメモリに入れたので、だいぶ連絡がしやすくなったのではないでしょうか。でも、電話をかける練習なのか、私のところに何度もかかってくるのです…。
【2007/05/06 23:37】 スタッフ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
PAGE TOP
オーナー宅の愛猫が亡くなりました
在りし日のカルロ


 オーナー宅の愛猫「カルロ」(オス、9歳?)が4月20日午前、永眠しました。画廊の下で2005年まで経営していたブティックのお客様に世話していただいたカルロは、ブティックや画廊でもいつも話題になっており、スタッフS(私のことです)の撮影した写真をみんなで眺めては笑いの中心になっていました。写真を持っていかれるお客様もおられました。
 画廊BLOGの話題のないときは、カルロのことを書こうと思いつつ、忙しさにすっかり忘れていたのですが、彼の死をお伝えすることになり残念です。
 死因は、人間でいうと突然死といいますか、朝起きてこないので見に行ってみると、すでに息がありませんでした。最期はセツオーナーの布団の上で眠ったまま、逝ってしまいました。あまりにもカルロらしく、猫らしく、美しいまま去ってしまったと思います。

 オーナーはショックを隠しきれず、私も大変悲しい思いをしていますが、5月7日からの企画展の準備で、少し気もまぎれています。
 画家の先生方やお客様と、少なからず結びつけてくれた猫です。会ったことはなくても、親しんでくださったお客様に、この場を借りてお礼を申し上げます。
 
 ありがとうございました。
【2007/04/26 21:14】 スタッフ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
PAGE TOP
ハガキの校正刷
 5月の企画展「直野進展」と6月の企画展「福田紀代志展」の案内ハガキの色校正が来ました。企画展のハガキは画廊の方から発注しているので、色校正に時間をかけられるため、安心です。大抵は印刷所の方に実物をお渡しして、見てもらいながら色を調整してもらうのですが、それでもどうしても再現できない箇所があったりすると、こちらで指定して色校を戻します。
 あとは刷り上がるのを待つばかりです。スタッフも楽しみな時間です。
【2007/04/10 14:59】 スタッフ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
PAGE TOP
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。